http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/cycle/sic/jp/ja/customer_support/information/cable.html

この度、弊社で製造、販売しましたドロップハンドル用の補修用DURA-ACEブレーキケーブル及び、補修用一般ブレーキケーブル(両エンド)において、一部の製品に使用中にケーブルの頭のダイカスト部が破損しブレーキケーブルがブレーキレバーから抜けるおそれのあることが判明しました。走行中にブレーキケーブルが破損すると、ブレーキがまったく効かなくなる可能性があり、転倒や衝突などの重大な事故が発生する恐れがあります。該当のブレーキケーブルをご使用中、もしくはお持ちのお客様は直ちにご使用を中止し、弊社下記フリーダイヤルまで、ご連絡下さい。
無償にて代替品の送付等の対応をさせていただきます。現在この件に関する事故事例はございません。 

2003年4月以降にロードレーサーのブレーキケーブルをDURA-ACEケーブルに交換した人ってかなりの数にのぼると思う。ブレーキがまったく効かなくなるのは怖いので、該当される方はできるだけ早くシマノに連絡されたほうがよろしいでしょうね。そういえばポケットロケットとかドロップハンドルの小径車でもブレーキケーブルはロード用になりますね。

大阪府堺市老松町3丁77番地 株式会社シマノ 品質管理センター
● フリーダイヤル TEL:0120-50-1622 受付時間平日午前10時〜12時午後1時〜5時
土・日・祝日はFAXのみの受付
● フリーダイヤル FAX:0120-50-1633 受付時間24時間

連絡はお早めに〜。ちなみにおいらは幸い該当しませんでした・・・。